葬儀の情報が満載!

身内の葬儀は、家族を亡くした失意のなか、いろいろとやらなくてはならないこともあり、精神的にも肉体的にも大変です。
特に喪主の場合は挨拶などを考える必要もありますので、プレッシャーもあることでしょう。
このサイトでは、そんなときに、役立つ葬儀での挨拶のポイントに触れたいと思います。
まずは、簡単な自己紹介の後、参列者へのお礼と、生前の感謝の気持ちを自分なりの言葉で伝えましょう。
その後、故人の人となりの分かるようなエピソードを加えると話しに個性が出るでしょう。

葬儀での挨拶について

葬儀での挨拶について 身内の葬儀は、家族を失ったショックのなか、いろいろと決めなければならないことや、その準備に追われ、精神的にも肉体的にも大変です。
慣れないことだらけでストレスも溜まることでしょう。
特に喪主である場合は、挨拶や参列者への対応に追われ息をつく暇もないかもしれません。
喪主の大事な勤めといえば、喪主の挨拶です。
現代はインターネットなどにも弔辞の定型文が多く記載されていますので、それらを参考に自分なりの言葉でまとめると良いでしょう。
挨拶に最低限必要な項目は、葬儀に参列してくださった皆様へのお礼と、故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちです。
それに、故人の人柄が分かるような心温まるエピソードを加えて、参列者とシェアすると感動的なものになります。
あまり硬くならず、自分らしく話せると良いです。

葬儀に弔問する側の態度

葬儀に弔問する側の態度 葬儀に弔問する時には態度に気を付けることも大切です。
故人に対して敬意を払うようにすることは当然ですが、遺族に対する配慮も欠かすことは出来ません。
葬儀をしているということは、遺族はかなり疲れてもいますから、そうしたことにも配慮することも必要です。
基本的にはお悔やみの言葉だけをかけるようにして、特に長く話をするようなことは避けるようにしましょう。
会話というのは実はかなり体力を消費する行動で、話をしているだけでもかなり疲れます。
これは肉体的な疲れというよりも精神的な疲れとなるので、そうした面を考えてあげるようにすべきです。
遠くで見守るというようなイメージでそっとしておいてあげるということを基本とするのが良いでしょう。
ただ何も声をかけないというわけにはいかないでしょうから、一言二言気遣いの言葉をかけて後は少し離れたところに行って、見守るようにするのが適切です。
何か用があれば声がかかるでしょうから、その時に動くということをすればいいわけです。
元気づけてあげようというような意味で、多くの言葉をかけたいと思うかもしれませんが、そっとしておいてあげるというのが、本当の意味での優しさとなるので、特に何かをしてあげるよりは見守るようにすべきです。

葬儀に関する情報リンク

知立の心温まる葬儀